IMAGE SKY_Propolis

口内炎に効果的なプロポリスについて

口内炎に効果的なプロポリスについて

プロポリスはミツバチが樹木の樹脂を集めて自らの唾液をまぜて作る物質で人為的には作り出すことのできない貴重なもので、天然の抗生物質とも言われています。
また生成量が蜂蜜やローヤルゼリーと比較すると著しく少ないのも特徴です。
そんなプロポリスの主成分はこちらをご覧ください。
ミツバチはこの物質を巣の内壁材に使っており、これで巣内を無菌状態に保っていると言われます。
そんなプロポリスが口内炎に実はお勧めなのをご存知でしょうか。
基本的に炎症と名のつくものにはとにかく塗布することでその炎症状態が緩和されるといいます。
口内炎もそういう意味では炎のつく症状ですので、効果があるというわけです。
ただし、人によって塗布してからの反応は異なるようですのでいきなり原液を塗るよりは薄めて使って自分に合うレベルがどのぐらいなのかをチェックした上で本格的に利用されることをお勧めします。
効果が発揮されることは多数の症例で認められていることですが、如何せん薬ではありませんので個々の成分によっても効く、効かないという問題がありますし、沢山塗れば効くのかという問題も人それぞれに反応がことなります。
できれば健康食品であることを自覚された上でいろいろと試されて、ご自身に効果的な使い方がを見つけていただくのが一番いいことではないかと思います。


http://www.lyricsfirst.com/frab.htmlにも書いてあるように抗炎症作用はプロポリスの大きな生理作用のひとつと言われていますが、これはこの物質のなかの消炎作用というよりは抗菌、麻酔、鎮痛作用が機能しているのではないかとう専門家の説もあります。
また個別の成分の効果ではなく複合的に作用されているとの指摘もあります。
医薬品でなありませんが、一切人間の体に副作用がありませんので口内炎に使用しても安心であるのは何よりです。
こちらのプロポリスの好転反応についての解説もご覧になってみてください。

口内炎同様、のどの腫れや歯茎の炎症などにも同様に大変効果があるようで、原液を直接塗布される方や、うがいとして使われる方、さらに原液をそのまま飲用される方もいらっしゃるということです。
こうした口のなかで炎症を起こす状況となったときには風邪やのどの腫れも含めてプロポリスと一緒にビタミンA,E,Cとセレニウムを含む活性型のビタミンを一緒に摂取し、その後水分を多く摂るようにしますとかなりの効果を発揮するようで、通常のうがいや塗布等よりもさらに回復が早くなるとの成果も具体的に発表されています。
ミツバチがつくってくれた天然の抗生物質ですから、その効能をうまく活用して健康な生活を送れるようになれば幸いであると思います。
ぜひいろいろと試してごらんになって、体にあう使い方を見つけてください。 また、プロポリスはガン予防にもとても効果的です。詳しくはこちらhttp://4gcounts.com/Prevention.html